防水工事

防水工事

建物を老朽化させる一番の要因は「水」であり、この水からいかにして建物を守るかでその耐用年数が決まります。
櫻組は長い業歴のなかで素材や用途に合わせたさまざまな防水工事に携わってきましたので、
お客様のご要望を汲み取った正確な防水工事をご提供することには自信があります。
屋上防水、ベランダ防水、ピット防水、ビル防水、マンション防水、住宅防水など、
防水工事のことでお悩みのことがあれば、東京都の櫻組にお任せください。

対応現場

  • 屋上屋上
  • ベランダベランダ
  • ピット(浄水層)ピット(浄水層)
  • ビル・マンションビル・マンション
  • 一般住宅一般住宅

塗膜防水

■塗膜防水とは 塗膜防水は液体状の防水剤を塗布したり、吹き付けることによって防水層を形成する防水工事です。液体のため、狭い場所や形状が複雑な場所にも防水工事を行なえるということができ、定期的な塗り替えも簡単だということが大きなメリットです。塗膜防水の代表的なものはアクリル塗膜防水、ウレタン塗膜防水、FRP防水の3つ。ここではそれぞれの特徴について紹介いたします。

■アクリル塗膜防水 安価に施工できますが、耐候性に劣るため耐久年数はそう高くはありません。住宅などではなく、あまり費用をかけたくない場所の防水工事に適しています。

■ウレタン塗膜防水 液状のウレタンゴムを使って防水層を形成するウレタン塗膜防水は、乾燥に時間がかかりますが継ぎ目のない美しい防水層を形成できます。

塗膜防水

FRP防水

塗膜防水のなかでも、東京都の櫻組はFRP防水に力を入れています。FRP防水は液体状のポリエステル樹脂にガラス繊維などの補強材混ぜ、乾燥させることで硬質化させ、防水層を形成する防水工法です。強度、耐水性、耐熱性、耐久性に優れているだけでなく、防水層が軽量であるため、建築物に掛かる負担も少なくできます。弊社はこのFRP防水による屋上防水、ベランダ防水、ピット防水、ビル防水、マンション防水、住宅防水を全国に渡って手掛けておりますので、FRP防水工事業者をお探しの際は櫻組にお任せください。

FRP防水

FRP防水の特徴

建物への負担も少なく、高い防水性を発揮し、工期も早いFRP防水で
お客様の大切な建物や設備を水からお守りいたします。

No.1

高い信頼性

シート防水などでは継ぎ目ができてしまい、その継ぎ目から漏水してしまうというケースがありますが、FRP防水は継ぎ目がないのでジョイント部からの漏水に関して高い信頼性を持っています。

No.2

軽量で均一塗膜を形成

防水層が軽量のため、建築物への負担を課すことなく防水工事を行なえます。また、凹凸がある場所でも均一の塗膜を形成できるので、部分的に弱い箇所が発生する心配もありません。

No.3

施工が容易

FRP防水は、施工時は液状であるため、ローラーなどで一気に塗ることができます。施行者による品質のムラが少なく、施工スピードも早いことが大きなメリットです。

No.4

防水性と優れた耐久性

ユニットバス素材としても使われるFRPの防水性と耐久性は確かなものです。重歩行にも耐えられる強度を誇り、長期間に渡って高い防水性能を発揮します。

No.5

軽量で均一塗膜を形成

軟質ポリエステルを主成分としているため、施工面に追従した防水層を形成することができ、密着性も高いことからひび割れ、剥がれなどに強いことが特徴です。

No.6

施工が容易

ほかの塗膜防水と同様に塗布後は乾燥を待たなければなりませんが、速乾性のためほかの防水工法と比べても工期が早く、補修作業も容易に行なうことができます。